非破壊検査サービス

従来、人間の目や耳といった五感に負うことの多かった検査方法も科学技術の発達によって新しい手法が確立されたり、 従来の手法よりも安全で精度の高いものに進化しています。検査データもコンピュータによりスピーディかつ正確に分析ができます。
現在、非破壊検査で行われている検査方法は代表的なものだけで約十種類。検査の目的や対象物の構造と種類、性質によって使い分けられます。

非破壊検査

溶接構造物の健全性は、溶接部の品質により決まるといっても過言ではありません。溶接部に欠陥が発生すると、構造物の安全性に大きな影響を及ぼします。構造物を破壊することなしにこれらの溶接欠陥などのきずを検出するのが種々の非破壊検査です。当社では、知識と経験をもった有資格者が適正な検査を行います。

  • 放射線透過検査
  • 超音波探傷検査
  • 磁粉探傷検査
  • 浸透探傷検査
  • 禍流探傷検査
  • ひずみ測定
  • 高力ボルト亀裂調査
  • 防護柵支柱根入深さ調査